海の家でナンパ男子ちに弄ばれた処女

アタシの氏名は沢近あのん。今日は周囲らと一緒に海にやってきた。
褐色スキンの黒女児・あのん。水着が似合うセクシーな体つきも併せ、一見すると遊びまくってある様なビッチに思えるが、実はまるっきり男子レクレーションをした事が弱いウブなキャラクター。
寧ろ男子自体が苦手な処女だった。
だが、
「ねー女房。己らと遊ぶー?」
「おっ○い広いねー」
と、俄然チャライ男子たちが複数寄り添って来て、慣れなしく健康を触って来た。
――ムカついたからアタシは思いっきり男子の頬を引っ叩き、
「あちこち行けよ!アタシはそんなんじゃないから!」
と一喝。しかし周囲はナンパ男子と何処かに行ってしまい、あのんは一人きりに。すると、
「ちょいカノジョ。直撃お願いして嬉しい?」
することもなかったので、浜辺で取材してた番組の直撃を乗り越えることに。
だが、それは邪悪TVマンたちのポイントだった。
「旦那はいるの?初実績はいつ?」
「えー、旦那いないの?じゃあ最近、ムラムラした時の対応はどうしてしてるの?」
「そんな良いからだしてー、持て余してるんでしょ?」
――疑問の正味がスケベく、ゲスになって来た。ムカつく。
「!?」
俄然男子に胸をびっしり鷲掴みに受けるあのん。その上、インナーをずらして胸をじかに弄び取りかかり……!?
当作品の作者はクリムゾンちゃん。今日、DMMにて送達間のアダルトコミックスだ。
非常に安価で掴む事の取れる作品で、全編全部トーンの良作だ。
テーマは【海でナンパ男子らにエッチな事をされちゃう純情黒女児】、という黒女児陵辱売り物だ。
いつものクリムゾン作品ですが、今回は全編全部トーンというのが大きな武器。そして遊んでそうに見えて、からきし男子レクレーションをしていない黒女児・あのんさんがヒロイン。
個人的には今迄のクリムゾン作品の中では大いに好きな部門だ。褐色スキンで巨乳、でも実は処女で遊んでいないお嬢さん。最高ですね。
そして男子らに騙されてVを捕獲されながら陵辱されてしまい、もどかしいけど見紛う!びくんびくん震えながらも悶え、そしてヤミ命運になっていって仕舞う。
最早クリムゾンちゃんの作品を見ている手法ならしきたりの発達、お常連のポイント化と思います。それが非常にリライアビリティがあってイイんですけどね。
おまけに今回は媚薬も飲まされてあり、カメラの正面で盛大にイって仕舞う訳です。けどイってもからきしやめてくれる様子の弱い男子ら。ただただ電マを股間に置きられ……!?
一度、試料を見てみて下さい!後悔しない出来だ!
引越し 見積もり